2006年 05月 26日
HDDにのろわれているのか
先日はRAID5のストレージでHDDが不安定になり、そのためにディスクアクセスが遅くて、SQLサーバが死んだのかと思う状態になりました。
 ベンチマークテストでリードライトチェックをしたら正常だったのですが、テストに利用したファイルが200MB.RAID5のストレージは256MBのメモリーをもつ8ドライブのマシンだったので、200MBだとキャッシュ処理されていたのでした。
 結局再起動で、不安定だった1台がホットスタンバイのHDDと切り替わって正常稼動するようになったために、自分の失敗に気づいたわけです。

 ディスク使用量を調べようとして、ファイル名変換のドジをふみ、先ほどは、ファイルサーバのHDDがお亡くなりなりました。
 データはすべてテープにバックアップしているので復旧できる「はず」なのですが、時間が…
#テープからのデータコピーや、基本設定データの読み込みなどの作業は、深夜にもかかわらず
#K氏にお願いしてます。ごめんね、せっかくの週末なのに。リモートでできることはできるだけやっ
#てもらって、朝10時までになんとか持ち込めるところまでできればいいなぁ。

 あー、今年は氏神さんで「大吉」だったのに、ぜんぜんだなぁ。
[PR]

by ji3faf | 2006-05-26 22:19 | システム管理


<< 横浜ネットデイフォーラム200...      大失敗していました >>


にほんブログ村 教育ブログへ




Map