2006年 05月 03日
UPSで電源は保護されていたけど
とある学校の基幹ハブが不安定になって、使い物にならなくなりました。
 2日の午前6時に雷雨の襲撃にあったのです。

 6時、7時とNAGIOSで応答がないという記録があり、その後、断続的に動いたり止まったりしていたのですが、午後1時過ぎからは応答がなくなりました。
 運悪く、そのインテリジェントハブと同じ型番のハブの予備機がなくなり、昨年度の予算で購入した後継機を投入することにしたのですが、設定方法が変わってしまったため(L2スイッチなのにL3スイッチやルータと同じコマンド形式)設定に手間取ったので、交換できたのは午後5時を過ぎました。

 で、故障品を持ち帰って電源をいれたら、すべてのポート(24ポート)が空いているのに、リンクランプが点灯するポートが8つ、アクセスランプが点滅するポートが1つ。

 このアクセスランプが点滅するポートを含めた4つは校内LANで引き回されてきたケーブルがつながっていたポートです。LANケーブルが雷撃のアンテナになってポートを破壊したのかな、と予想しています。
 もう修理できない機種なので、内蔵ファンなどの部品取り用にしかならないかな。
[PR]

by ji3faf | 2006-05-03 02:15 | システム管理


<< メモリの相性?      接続できているのにつながらない >>


にほんブログ村 教育ブログへ




Map