2006年 04月 30日
pukiwikiのDUMPプラグイン
遅まきながら、某プロジェクトで使用しているPukiwikiを1.4.5_1から1.4.6にしました。

 差分のアップロードですまそうと思ったわけですが、きっとFrontPageが代わるだろうから、Install.txtにあるdumpプラグインでバックアップをとっておきました。

 でも、リストアする方法がわからない。
  起動の例: index.php?plugin=dump
ではダンプ取るだけだし、plugin=restore みたいなプラグインはないし。
 Install.txtに
dumpプラグインにはdumpプラグインで取得したファイルの中身をPukiWikiに展開する機能(リモートリストア)も用意されています。

とかいてあるのに。ググってもそれらしき記述はみつからないし。関数は存在するのに。
というわけで、ソースを見ました。

dump.ini.phpの11行目にある
 define('PLUGIN_DUMP_ALLOW_RESTORE', FALSE); // FALSE, TRUE
をTrueにすると、リストア機能がでてくるんですね。
 最初からソースを見りゃよかった。
[PR]

by ji3faf | 2006-04-30 21:43 | システム管理


<< 接続できているのにつながらない      「職員会議は「上意下達」の場」... >>


にほんブログ村 教育ブログへ




Map