2006年 04月 04日
ISP規制情報Wiki
ISP規制情報WikiというWikiページがあります。
 これのおすすめISP情報をみていると、規制が始まっているプロバイダというのは、WinnyやWinMXのトラフィックを規制しているだけとは思えないのです。
 つまり、アップロードを規制していると思えるのです。

 これは、Webテレビ会議や、Skypeの利用にも支障をきたすと思われます。
実際、OxNとかplxxxでは一定のトラフィックを超えるとテレビ会議のデータが寸断されることを体験しているからです。

 でも、最高に驚いたのは「FUSION GOL」。ここには、
契約書に注意。回線に負荷をかけた場合は1時間単位で25000円の課金の承諾を同意させられる。納得してから契約すること。
という注意が書いてありました。これって、なんか、ワンクリック詐欺に似た感じがします。
 どこにこれが書いてあるのか、利用規約を調べたけど書いてなくて…とおもったら、利用規約ではなくて「アクセプタブル・ユース・ポリシー」の一番下に「重要事項」として
6. 会員がFUSION GOLのリソースを過度に使用したことにより発生した損害に対する対価を、FUSION GOLは会員に対し請求できるものとします。対価はAUPのいかなる違反行為に対して1時間あたり25,000円とします。

だって。一番下ではなくて、一番上に重要事項を書くべきでしょう。
[PR]

by ji3faf | 2006-04-04 04:02 | システム管理


<< Ultra-Mobile PC      PSPでPDFファイルを読む ... >>


にほんブログ村 教育ブログへ




Map