2006年 04月 02日
テレタイプ
ある用事でテレタイプを調べてみた。
 「せん孔テープ」なんて、もう時代物なんですね。

名機ASR-33の写真が
http://www.pfu.fujitsu.com/hhkeyboard/kb_collection/asr33.html
にあります。

 関係ないけど、この写真が紹介されているPFUのHHKのページの「キーボードコレクション」って、いろんなパソコンのキーボード配列があったり、ASCIIコードの解説があったりして、勉強になります。

NTTのTTYはここに、
http://homepage1.nifty.com/plusworld/TTY/TTYINDEX.HTM
http://homepage1.nifty.com/plusworld/TTY/TELEX02.HTM
http://homepage1.nifty.com/plusworld/TTY/TTYALL.HTM

NECの写真は
http://www.ipsj.or.jp/katsudou/museum/computer/NEC-PTP-TWR.html
にあります。

私は学生時代OKIタイパーをコンソールに使用していました。
 紙テープのガイド穴だけを沖タイパーでせん孔して、文字は「ミスターパンチ(確か内田洋行の製品)」で手で文字コードをせん孔してプログラミングしてました。

http://www.parkcity.ne.jp/~kishik/comptj.htm

の真ん中あたりの[ エピソード ] 職場の騒音 にもそういう話があります。

ちなみに、こういうページがあります。
http://www003.upp.so-net.ne.jp/elroy/mrpunch/mrpunch.html

 紙テープをみて「うんうん」とうなずく科学者のシーンがウルトラマンなどでよく出てきましたが、まさか自分がそういうことを「手で」することになるとは思いませんでした。

紙テープの代わりに紙カードを使うこともありました。
 紙カードパンチャを購入できない国立2期校だったので、カードパンチせずに80カラムマークカードでせん孔する場所に鉛筆でマークしてコーディングしてました。
 JOBコントローラみたいによく使用するものだけを京大大型計算機センターのパンチャーでせん孔したものを使いました。
おかげで、パンチカードも読めるようになりました!(^^)!
[PR]

by ji3faf | 2006-04-02 22:21 | 情報教育


<< PSPでPDFファイルを読む ...      「学校における…個人情報の適正... >>


にほんブログ村 教育ブログへ




Map