2006年 02月 12日
某所外部接続断
自宅から監視していると突然接続が切れた。23時50分くらいの出来事。
 その頃は外出していて、0時30分頃帰宅してすぐに気づいたんですが。

 最初は自宅で契約しているプロバイダのトラブルだと思ったんだけど、他にはつながるので、担当責任者に0時51分という休日・深夜に電話。
 なんの事前連絡もないということなので、センターに急行した。

 外部セグメント用機材(光コンバータ、ルータとスイッチングハブだけ)の電源専用に使っているUPSのバッテリが故障して(というか完全に使えなくなって)UPS自体の電源が入らなくなっていた。APCのSmartUPSでこの現象は初めて。

 とりあえず、予備においていたデンセイラムダのUPSと交換して1時20分に復旧。

 自宅のプロバイダを最初に疑って30分損したというか、まぁ信用してないのが裏目にでたってことで。

 ちなみに、某所にはSLAにしたがって監視センターから連絡(FAX)が入っていました。復旧させたことを監視センターに連絡したら、監視センターの担当者から「登録電話番号に電話したけどかからなかったんです」ということだったので、携帯電話もDBに登録してもらうことにしました。
 2日前なら、ここで徹夜してたんですが!(^^)!、不在になったら、トラブルが発生するんですねぇ。

===
その後、他のUPSのログを見たところ、11日 23:48:52 に瞬間停電があったようです。

 3年目に突入した三菱のFreqUPSは停電感知で止まっていました。これはUPSの電源ボタンを押して再起動したら復帰しました。
[PR]

by ji3faf | 2006-02-12 03:23 | システム管理


<< 「場当たり個人情報保護」から「...      日本語オペラ >>


にほんブログ村 教育ブログへ




Map