2006年 02月 11日
誤訳で「Visaのシステムがハッカーによる被害を受けた」???
「なんたら協議会」というのが最近林立してますが、それらによる「大本営発表」が信用できないこともある、どころか、とんでもない誤報事件になっていたことが「高木浩光@自宅の日記」で紹介されました。
  ■フィッシング対策協議会が、VISAの信用を貶める誤報を誘発

 この記事にもあるとおり、「Scan Daily Express」は訂正記事を発表しましたが、事件の発端の「フィッシング対策協議会」は
最新フィッシング事例 最終掲載日時2006年2月10日
                 UPDATE

だけ書いて更新して、更新記録や、訂正記事は書かれていません。

 説明がないなんて、組織の運営方針自体を疑います。

2月12日追記
 高木さんはこのほかの情報に対しても批判的なコメントを翌日のブログに公表されています。
[PR]

by ji3faf | 2006-02-11 00:46 | 情報教育


<< 日本語オペラ      間違いだらけの個人情報保護 >>


にほんブログ村 教育ブログへ




Map