2006年 01月 07日
自宅ルータのFirmware アップデート
これはテレビ会議ネタにしようかとおもったのですが…

テレビ会議システムの中継サーバは自宅に設置してあります。EO光ホームの100Mです。
1月6日の実験の途中でも1時間ほどPPPoEで認証できなくなったので、てっきり
 「またプロバイダのトラブルか」
と思ったのです。相談電話も話中で、トラブル開始から3時間たっても結局電話がかからなかったからです。
 で、今回は10分くらいで相談窓口につながりました。それも、EO光電話で相談できたのです。

 その間も、ルータからPPPoEの接続をさせても「未接続」のままです。窓口の人は、いろいろ接続確認の方法をいってくれますが、
 ・こっちもシロートじゃないんで、IPアドレスミスとかそういう問題ではない
 ・ルータからPPPoEで接続させても、未接続のままになる
 ・一瞬接続できても、すぐに「未接続」になる
と伝えたら、
 ・いや、やはりルータが原因と思われる。メーカに相談した方がいい
 ・ルータの故障だって考えられる
 ・回線の障害でないことは、同じ回線を使用している光電話(IP電話)がこれだけの音質で
  とぎれないことからも納得してもらえるはず
と、これまた非常に納得できる回答が帰ってきた。

 その電話のあと、PPPoEの接続自体は安定して「接続状態」になった。でも、
  ・ルータのメンテナンスメニューから他のサーバにpingを打つと応答する
  ・ルータに接続しているパソコンから外部のサーバには接続できない(pingも応答しない)
という状態になった。
  これは、サポートの方のおっしゃるとおり、故障を考えなくては
とおもっていたら、外部との接続も復旧した。

 ここで、自宅のルータの型番を明かすと、NECの「WR-7600H」です。

 わたしは、「http://121ware.com/」のダウンロードのページで「Aterm」関連を見ていたのです。
 シリーズで絞り込む → 周辺機器 → Aterm
の2ページ目に「PA-WR7600H/B」がありますが、ここには
  選択された型番に登録されているサポートプログラム(モジュール)はございません。
と表示されるので、バージョンアップはないと思っていました。

 でも、バージョンアップはあったのです。
 Aterm関連のページは、実は「http://121ware.com/aterm/」だったのです。
ここの ダウンロード → バージョンアップ → 
   機種:WR7600H
   OS:Windows 95/98/Me/NT4.0/2000/XP
を見ると
今回のバージョンアップ(2004/5/19)では、以下の更新を行いました。
1. WR7600H(公開版:Ver8.0d)で、ネットワーク環境により稀にインターネット通信ができなくなる問題を改善しました。

だって!!

くそー、情報を一元化してくれー!!
[PR]

by ji3faf | 2006-01-07 23:59 | システム管理


<< いま、会いにゆきます      謹賀新年 早々にサーバ復旧 >>


にほんブログ村 教育ブログへ




Map