2005年 12月 09日
見学者多数
CECのOSP事業で、評価委員の先生方が実践授業を見学にこられました。

 一番初めのunixベースPCでの授業では何度となくStarSuite8 Impressが落ちてたり、初めて印刷をしたときはテスト印刷できていたのに、印刷が異常に遅かったりと何らかのトラブルがあったのですが、今日はおおきなトラブルもなく小学生が新聞を作成し、リモート印刷もできてました。

 Impressのいいところは、落ちても、落ちる直前のデータで再起動できること。これはPowerPointやWordの定期的ファイル保存とは比べ物にならないくらい直前のデータがほぼ完全に復元されるので、生徒も「あー、起動に時間がかかる」っていう程度。

 ここではWWWブラウザにNetscapeをメインに使わせているので、Firefoxでも全然違和感なく使用してるし。

 使い方の説明はほとんどしてないんです。でも、子どもたちは何の違和感なく使いこなしてます。システムの機能が授業にマッチしてたんでしょう。
 
 その後、「ヤマ」で検討会という名の独演会!(^^)! 
第4回OSP選定・評価委員会開催」の右側写真で説明しているところを創造してください!(^^)!
[PR]

by ji3faf | 2005-12-09 02:58 | 情報教育


<< Mr.&Mrs.スミス      音抜け発生をカタログにかいていた >>


にほんブログ村 教育ブログへ




Map