2005年 10月 26日
EDIUS Pro3(Exceed300V)
教材開発のために科研費で購入しました。

 でも、私のビデオ編集に関する知識は20年前のもの。学生のときにVHSの編集機(高校野球のダイジェスト番組を当日夜に放送するため、現場で編集できるようにビクターが開発)を購入してもらって以来使っていないんです。
 そら、Adobeのプレミアとか使おうとはしましたが、CPUの能力とか、メモリーの能力が必要で、高機能PCはすぐにサーバにしてしまうので、使い物にならなかったんです。

 いまではWindowsXPに添付のムービーメーカー2を使ってます。編集は私がするのではなく、学生がするので

 1)ムービーメーカー2でDVカメラからキャプチャ(私の仕事)
 2)タイトル、テロップ、エンドロールとかをつける(学生)
 3)TMPGEncでWMVをMPEG2に変換(私)
 4)TMPG DVDAuthor1.5でメニューやチャプターをつけてDVD教材化(私)

とやってます。編集には授業の内容がわかってる学生でなければできないので、それが簡単にできるということでムービーメーカー2だったわけです。
 CPUがP4/2.4GHz、512MBのメモリーがあればけっこうサクサク編集できますから。

それでも、テロップの制限やら、ノイズフィルターがないとか、たいへんなんでExceedを導入したんですが、これまた高機能でたいへん。
 おまけのAdobeのセットはほうっておこうと思ったんですが、BGM作成ツールはべんりだし、それくらいは使ってます。

 でも肝心のEDIUS Pro3が高機能で、大変。
   EDIUS Pro 3 マスターブック
を読んでますが、まだまだ使いこなせない。

そうそう、イフェクトをかけようとしているんですが、どうしてもパレットダイアログが出ない。
これはサポートに聞かないといけないなぁ。
[PR]

by ji3faf | 2005-10-26 12:55 | 情報教育


<< VMware Player      まだまだあぶない刑事 >>


にほんブログ村 教育ブログへ




Map