2005年 08月 21日
Apache2への入れ替え
管理しているRedHat8のマシンも、攻撃を受けていないとはいえ怖いので、最新版にしようとしました。

いままで使っていたパッケージが「httpd-2.0.40-11.9」ってのは、管理をサボっていたせいです。
 で、「httpd-2.0.54」にすべく
./configure --enable-layout=RedHat --enable-rule=SHARED_CORE --enable-moduls=so --enable-so --enable-shared=max --enable-headers --enable-vhost-alias rc /etc/httpd/conf--enable-mods-shared="access actions alias asis auth auth_anon auth_ dbm auth_digest autoindex cern_meta cgi cgid dav dav_fs deflate dir env expires headers imap include info log_config mime mime_magic negotiation proxy proxy_connect proxy_ftp proxy_http rewrite setenvif speling status suexec unique_id userdir usertrack vhost_alias"

としたら、*.soができない。
なぜだ。
 というわけで、config.layoutファイルの
# Red Hat Linux 7.x layout

で、
# libexecdir: ${prefix}/lib/apache
libexecdir: ${prefix}/lib/httpd

としたら、*.soが make install で /usr/lib/httpd にコピーされるようになった。

 何が悪かったのかなぁ?
[PR]

by ji3faf | 2005-08-21 02:41 | システム管理


<< PCカンファレンス2005 参...      日本教育工学会全国大会のときに... >>


にほんブログ村 教育ブログへ




Map