2005年 08月 04日
これでよいのか!高校のIT教育
日経コンピュータ2005年4月4日号
実態は「町のパソコン教室」以下 これでよいのか!高校のIT教育

という記事があったようです。

「高校のIT教育は、どうしてこうなってしまったか。理由は大きく二つある。一つは平均的な教員の能力が低いこと。もう一つはIT教育の中身が明確になっていないことだ」

「一人ひとりの教員のやる気や資質に問題があるのではない。問題の本質は、「情報」担当教員の育成体制にある。」

「情報の教員免許は簡単に取得できた。夏休みに3週間、講習に通うだけですんだ。最初は、「アルゴリズム」や「IPアドレス」といった耳慣れない言葉の洪水に焦ったが、「修了試験もなにもない」と聞いて安心した。その後は、我慢して机に座っているだけで、本当に免許をくれた。」

わたしも、情報の教員免許試験を受験して1次試験は通ったけど、2次試験は落ちました。
でも、免許をもってる人がこれではねぇ。

 
[PR]

by ji3faf | 2005-08-04 23:27 | 情報教育


<< 学校の情報化:ネットデイサミッ...      IEでは通常のプロキシ設定とV... >>


にほんブログ村 教育ブログへ




Map