2005年 07月 31日
HDDのデータ復旧
HDZ-UE1.0T(I-Oデータ)が故障して認識しなくなったことは、前にも書きました。

これにはSQLサーバのバックアップデータがあるので、データの再バックアップでとりあえずはなんとかなったのですが、他にもDVテープのビデオをMPEG2エンコードしたものとか、文書ファイルを整理してバックアップしてあったりするので、なんとか再起動しようと分解を試みました。

 でも、天地のプラスチックパネルがはずれない。
 こういうときは、「挑戦者」のホームページが頼りになります。


やっぱり「ヨンコイチ外付けケース」という商品があって、そこには「組立説明書」のPDFがあったので、それを参考に分解。

b0017061_145621.jpg


 2台目のドライブが「カコーン」といい続けて動かなかったんですが、立てかけて、斜めからドライバーで「コン」と叩くと回転し始めたようで、PCから認識できました!(^^)!
 昔から、よくやるテなんですが、ここでも有効でした!!

 「認識している間に、データのコピーを!」というわけで、昨日の同窓会に行く前からコピーし始めて、ほとんど復旧しました。
 読めなかったファイルも、何度かコピーさせてみたらコピーできたんです。

 というわけで、これからは、こまめにDVDに焼くなりして、分散保管します。
[PR]

by ji3faf | 2005-07-31 01:48 | システム管理


<< IEでは通常のプロキシ設定とV...      同窓会 >>


にほんブログ村 教育ブログへ




Map