2005年 07月 21日
大容量HDDは死んだら終わり
SQLサーバのデータバックアップとして 1GBHDDを使用していました。
でも、死んじゃったんです。

 またバックアップを取らなきゃと思っていたんですが、SQLサーバの本番データが入っているRAID5ドライブがトランザクションログの保存しようとしたらドライブ容量不足でSQLサーバがとまってしまいました。

 データをバックアップしたHDDが生きていたら、古いデータの削除するだけですぐに復旧できたんです。
 が、データのバックアップの取り直しがあるんで(バックアップした古いデータも削除せずにサーバに入れたままだったのが、不幸中の幸い)、SQLサーバ停止中のデータ集積終了まで、まる2日の作業になる予定。

 やっぱり、保険は分散するのが一番ですね。データはDVDにも焼いておこうとしたんですが、DBが5GBを超えてるんで、ファイル分割とかしなくちゃなぁ、とおもっていただけでしていなかったんです。

 思いついたらすぐ実行!

が今回の反省。
[PR]

by ji3faf | 2005-07-21 23:00 | システム管理


<< キューブ型PCは放熱に注意      カナダとテレビ会議成功! >>


にほんブログ村 教育ブログへ




Map