2010年 06月 26日
続:学校における教育の情報化の実態等に関する調査結果【速報値】
■学校における教育の情報化の実態等に関する調査結果【速報値】
で書いたつもりだったのですが、抜けていた点を追記で補足しておきました。
【追記】
 機器整備の伸びが著しいのはスクール・ニューディールの影響でしょう。それを示すためだと思いますが、3月1日付けの調査結果だけではなく、3月31日付けの結果と比較できるようになっています。
 文部科学省のホームページでも、速報値が公開されました。
  http://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/zyouhou/07052402/1295101.htm


 でも、どうして電子黒板を特別扱いにするのか理解に苦しみます。たしかに大型デジタルテレビの整備は電子黒板がらみになっていましたが、読売新聞はタイトルが電子黒板だし、毎日新聞は電子黒板のことしかいていません。とっても不自然な記事だと感じました。

■読売新聞 2010年6月23日
 電子黒板5万6000台、公立小中高に配備
  http://www.yomiuri.co.jp/net/news/20100623-OYT8T00385.htm

■毎日新聞 2010年6月23日
 ファイル:電子黒板、公立校の6割
  http://mainichi.jp/life/edu/news/20100623ddm008100089000c.html

 それより、校務用コンピュータの整備が全国的に進んだのに、関西3府県が取り残されているほうが気がかりです。

・24都県が100%を超えています。
  グラフの注記に
注)平成21年度補正予算による整備が年度末にかけて大量に行われたことに伴い、更改予定のコンピュータを年度内に更改終了せずに現有台数としてカウントしている場合や、職員室等に設置している成績管理用等のコンピュータをカウントしている場合もある。
ということですが、100%超えるなら生徒機の伸びももっと合ってよいのではないかとおもいます。あ~、生徒機は古すぎて廃棄せざるを得ない(Windows95/98/MEとか)モノばかりだったのかも。
 わたしの勘ぐりですが、基準となる教員数がたぶん統計上の教員数であり、整備台数は常勤講師用も含めて整備したからではないかと想像しているのですが、ご存知の方はおられるでしょうか?

・14県か90%台
・4県が80%台
・2県が78%以上

というわけで13.9%も引き離されて、60%台なのが奈良県、京都府、大阪府。
 教員への配備が少ないのに

A:教材研究・指導の準備・評価などにICT
B:授業中にICTを活用して指導する能力
C:児童のICT活用を指導する能力
D:情報モラルなどを指導する能力
E:校務にICTを活用する能力
 
の全ての項目で京都府がベスト5に含まれるのは、たぶん京都市が引き上げているのだろうというのが私の想像です。京都市は教員1人1台体制を確立したし、教員の連絡も電子メールが原則みたいだし。
[PR]

by ji3faf | 2010-06-26 21:53 | 情報教育


<< 再び「5つのなぜ」      青少年が利用するコミュニティサ... >>


にほんブログ村 教育ブログへ




Map