2010年 04月 04日
冤罪と不正侵入を扱ったドラマ
CSI :ニューヨーク 第5シーズンをWOWOWで放送していますが、昨日の13話は興味深いものでした。

#13 誤審 Rush to Judgment
 http://www.wowow.co.jp/drama/csi/ny/episode13.html
押収されたヴィンスのパソコンからは、彼が小児性愛者だったらしいことが発覚。だが、ヴィンスの妻は彼を実直な善人だったと信じてあらゆる証拠を否定する……。
ネタばれになりますが、殺された方は、自宅で無線LANを使っていました。しかし、セキュリティ設定がないため、天窓から不正侵入され、被害者のパソコンから小児性愛者のような写真付きの電子メールを送信させられていたわけです。当然本人は知らないので、否定したので、「ばっくれやがって!!」と犯人に殺害されたので。

 さて、自宅環境で「無線LANでまだ全く暗号化していない」+「ファイル共有を許可になっている」という人はいませんかね?
 そうでなくても、単にFROMアドレスだけで、なりすましメールでも気づかないという人がいてもおかしくはないですが。Fromアドレスを変更できるというのが信じられない人もいるようです。

Gmailでも「設定」→「アカウントとインポート」の「名前:」で、「別のアドレスからメッセージを送信」というボタンから設定すれば、別のアドレスを使えます。
[PR]

by ji3faf | 2010-04-04 23:55 | 情報教育


<< Windows7のTCP/IP...      スキー連盟、本気かい? >>


にほんブログ村 教育ブログへ




Map