2009年 12月 30日
相談だけではわからない
想像できないトラブルの相談をしてくる人がいます。
 ・エクセル、ワード(町内会の仕事)
 ・年賀状ソフト(同窓会の案内とかのために、はがき宛名印刷に活用)
 ・メール(OE)、株価情報閲覧
 ・デジカメの写真印刷
くらいしか使わないのに、
 ・住所録ファイルがなくなった
 ・エクセルで、いつも使っているボタンが消えた
 ・ソフトが起動しなくなった
と、通常操作では発生するはずがない事態が、毎月のように発生するのです。

 そのたびに、「どんな操作をしたのか?」ときいても、「何もしていない」というわけです。
  ・何もしていなければ発生しない
  ・発生したのだから、何かしたはず
ときいても、「したのかもしれないけど、忘れた」という言葉しかかえって来ません。

 何をしたのかがわからないと、回復の方法がないわけです。ファイルをゴミ箱に入れたのか、外のフォルダに移動したのかすらわかりません。
 「表が書かれたソフト」といわれても、WordなのかExcelなのかすらわからないので、詮索しようにも、キーワードがないわけで。

 で、今日も同じような会話だったわけですが、
某氏:また都合がついたら来てね
私 :何が起こっているのかわからないのに、行っても解決しないよ~。
   解決してもすぐに似たようなことが起こるから、原因となる操作を見つけないことには。
某氏:いつも悪いなー。何をしたのか、おぽえてへんねん。
私 :本人も知らんことを、想像して解決するのは大変やし。
同席者:もう買い換えたら?
某氏:まだ使えるし。おもちゃにおいてあるパソコンすら使わへんようになったしな。
私 :だれが?
某氏:孫がしょっちゅう使いよんねん。
私 :いつ?
某氏:わしのおらんとき。つかうな、ちゅうても勝手につこうとる。
    このまえはインターネットの検索しようとおもったら、「りぼん」「なんたら」ばっかしがでてきよった。

おいおい、そりぁ、知らん間に何が発生しているのかわからないのは当然。先日の相談メールの返事に
 だれか、中途半端な知識で「自称パソコンに詳しい」という人が操作してはいませんか?
と書いた返事に、「今は(以前、同級生に操作してもらって「にせウイルス対策ソフト」で苦労した)自分しか操作していない」ということだったのに。
 ま、孫は「自称詳しい人」ではないけど(ーー;)

 学校のセンセーに言うどー!!
 情報教育は、やっぱり必要!!
[PR]

by ji3faf | 2009-12-30 15:30 | システム管理


<< 一休善哉(ぜんざい)の日      虚偽報告以上に怖いこと >>


にほんブログ村 教育ブログへ




Map