2009年 12月 25日
虚偽報告以上に怖いこと
毎日新聞の22日の報道で、ちょっと怖いと思いました。

■毎日新聞 2009年12月23日 地方版
 個人情報:またUSB紛失 都立2学校、生徒記録 使用禁止の私物 /東京
   http://mainichi.jp/area/tokyo/news/20091223ddlk13040234000c.html
今年秋の同庁の調査の際、個人情報管理に関する自己点検票に「私物USBは使っていない」と虚偽の記載をしていたという
というのは、「公務員」としての職務上問題だとは思いますが、それ以上に怖いのは、

 ・私物のUSBが自席の引き出しからなくなっていることに気づいた
 ・学校玄関近くの植え込みで、三つに分解されているUSBが見つかった

2件とも、内部犯行ではないかと考えられます。

 セキュリティは、外部から攻撃されることを想定するのではなく、内部からの攻撃対策のほうがより重要だと思われます。でも、なんか怖い事件だなぁ。
[PR]

by ji3faf | 2009-12-25 13:13 | システム管理


<< 相談だけではわからない      「仁」と「坂の上の雲」 >>


にほんブログ村 教育ブログへ




Map