2009年 07月 05日
F-Secure Automatic Update Agent
自分の使用しているマシンは,「F-Secure Internet Security 2009」なんですが,おとといの午前4時からデータ更新できなくなっちゃいました。
 その直前はVPN(PPTP)でとあるサーバに接続しただけ。そのためにプロキシサーバのアドレスが一時的に代わったので,アップデートできなくなったのは理解できますが,VPNをきったら元に戻るはずなのにだめ。

再起動してもだめ。

で,サービスをチェックしたら
 F-Secure Automatic Update Agent
が止まってました。これを「開始」したら更新できるようになりました。このサービスは「自動」ではなくて「手動」なんです。なんでかなぁ?
 もう一台のPCは同じシリアルで「F-Secure Internet Security 2008」(バージョンアップの違いをチェックするために2008のままにしたマシン)も同じくデータ更新できなくなってました。
 こちらは F-Secure Automatic Update Agent が「開始」されていたのですが,このサービスを再起動したら更新できるようになりました。このサービスを「自動」にしたのに,パソコンを再起動したら「手動」になったのはなぜかなぁ?
 しかも,あと数週間で利用期限がきれるシリアルなので,更新したシリアルで登録しようとしたら「インターネットに繋がっていません」って,パターンファイルの更新ができてるのに,そういうことはないでしょう。

 う~ん,なぞだ。
[PR]

by ji3faf | 2009-07-05 22:59 | システム管理


<< 日食中継      なんちゅう編集技術なんだ >>


にほんブログ村 教育ブログへ




Map