2009年 05月 08日
学校荒らしでデータが盗難
■愛知県立高7校、GWに学校荒らし 成績情報や現金盗む
 朝日新聞 2009年5月7日20時16分
  http://www.asahi.com/national/update/0507/NGY200905070008.html
県教委によると、6日朝、1校の校舎と別棟の体育教官室のガラスが割られ、鍵のかかった机の引き出しに保管していたメモリー4個が盗まれているのを教諭が確認した。
盗難にあったUSBメモリーは暗号化していなかったとのことですが,そういう学校はゴマンとあるんじゃないでしょうか。鍵をかけた机に仕舞ってあったといっても,見つかり易いところに鍵があったそうですけど,自宅の鍵だって似たようなもんでしょう。自動車の鍵だって,磁石で車体の一部に貼り付けるというケースも販売されてることだし。

 ところで,富士通は遠隔でHDDを消去する機能付きPCを発売し,自社で採用するそうです。

■ノートPCのHDDを遠隔消去、富士通とウィルコムが盗難対策サービスを共同開発
 日経ITPro 2009/05/07
  http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20090507/329598/
富士通とウィルコムは2009年5月7日、社外に持ち出したノートパソコンの紛失・盗難対策サービスを発表した。ノートパソコン搭載のPHSモジュールに向けて管理者がコマンドを送信すると、1~2分以内にハードディスクドライブ(HDD)のデータを遠隔消去する。
PHSモジュールと専用BIOSで実現したそうで,データ消去だけでなく,OS起動ロック機能もあるそうです。
 こういうマシンが「業務用」なんですよね。
[PR]

by ji3faf | 2009-05-08 01:38 | システム管理


<< 今年も家庭訪問地図がGoogl...      Windows7のWindow... >>


にほんブログ村 教育ブログへ




Map