2009年 04月 24日
e-OPENとVolume Licensingサービスセンターサイトの微妙な関係
常駐先の機器更新準備のため,Ofiiceソフトのライセンスを登録しようと43ヶ月ぶりにログインしたら,過去に入力したライセンス番号のほとんどが消えて,1つだけ残っていた。

で,問い合わせ先に電話したら
 ・1年以上ログインしなかったらアカウントが抹消されることがある
 ・1年以内にログインしていたのならアカウントに紐付けされていたデータが残っているはず
ということでした。
 1つだけ別のアカウントで登録するということはないのですが
と聞くと,
こちらでは個々のライセンスについてはお答えできず,Webサービスの操作方法についての回答になります
だそうで,結局再入力することにしました。

 また消えるのが怖いので,e-Openサイトの「詳細情報」で登録したライセンスがデータベースに反映されたかどうかを適宜確認しながら入力しました。この詳細情報は 「Volume Licensing Service Center」にリンクされているんです。
 このサイトの「ライセンス情報」タグには
  ・契約の一覧
  ・製品の一覧
があるのですが,製品の一覧を表示させると,契約したライセンス製品のライセンス数の合計が合わない!
 それで,「この製品一覧をライセンスIDでフィルターする」を選択して,ただ1つ登録が残っていたライセンスをはずして集計してみたら試してみたら合う!

で,もう一度電話して聞くと
 ・e-Openライセンスセンターの情報が正しい
 ・VLSCの集計はたまたま合うことがあるが,合わないこともある
だそうで,じゃ,正しいかどうかは,
 ・e-Openサイトに行く
 ・契約の概要の「ライセンスの再表示」を指定する
 ・表示された,各ライセンス番号をクリックして,契約内容を表示する
 それを自分で集計する
しかないそうです。
しかし,「たまたま合うことがある」という回答もなぁ。
データベースに登録内容が反映されるのに時間がかかることがあるので(もしくは内容の整合性チェックに数時間かかることがありますので)半日程度あとに集計を試してください
だったら理解できるんだけどなぁ。
 ちなみに14時過ぎに入力して遭遇したこの不整合は,22時過ぎにもう一度アクセスしたら合計数が合ってました。
 でも,また合わないときがあるのかなぁ?
[PR]

by ji3faf | 2009-04-24 08:54 | システム管理


<< 体力を武器にがんばって欲しい      MySQLはどうなるんだろう >>


にほんブログ村 教育ブログへ




Map