2009年 04月 12日
ケータイの文字入力は簡単?
最近はブログにかいてませんが,ほぼ毎週映画を見に行ってます。
で,先週驚いたのは前方の席にすわっていたお姉さんのケータイの入力の速さ。

 映画が始まる前には,電源を切ってくださいとか,静かにしてくださいとかの「お願い」の映像が流れるわけですが,その1分くらいの時間で,ハンドバックからケータイを取り出して,5行くらいのメールを入力して,送信し終えて,ハンドバッグにしまっちゃってました。
 まるで神業。数文字入れると画面の下に現れる短文候補を選択し,その続きの短文を選択し,あれれ,と思ってる間に送信相手をアドレス帳から選択して,もう送信終了してたわけです。
 4列ほど前なので,手元の操作と,画面の文字らしい「●」の数くらいは見えるわけですが,その画面遷移の速さと滑らかな指使いにはただただ感心するばかりです。

 昔,パソコン通信でチャット(というか,ワープロ検定でもそうなんですが)では,いかに単語登録を使いこなすかがコツだったわけですが,最近のケータイはそれがかなり進化していて,確かに便利なんですけど,ここまで速いというのには驚きました。

 これでは学生がパソコンを使いたがらないのも当然だと思いましたが,それができるのはケータイのメールのような用語がきまっているからでしょう。レポートでも決め打ち,紋切り型の文章がふえるのかなぁ。
 あー,行政文書だと「添付のとおり」とかいうのが多いそうなのですが,それも単語登録の影響ではないでしょうか^_^;

by Okumura’s blog 件名に名前を名乗るのか のコメントより
 http://oku.edu.mie-u.ac.jp/~okumura/blog/node/2396#comment-21059
[PR]

by ji3faf | 2009-04-12 17:01 | 情報教育


<< PK-AX300HはWindo...      最近は工事やさんになってました >>


にほんブログ村 教育ブログへ




Map